それでも自己処理

それでも自己処理で頑張りたい

無駄毛処理はどの部位でもやはり自宅で行うものより、エステサロンなどの専門店に通った方が確実かつ丹念で綺麗な処理を行うことが出来ます。

 

しかし毛の生えるサイクルも関係しておりエステサロンなどでの処理は一回通えば気になる部位の無駄毛が全て処理できるといった事はまずありません。

 

ですから自己処理を行うことの肌へのダメージの少ない正しいやり方と、適切なアフターケアの知識は必ず持っているべきです。

 

まず最も手軽で安価、かつ広範囲の無駄毛を処理できるカミソリを使った方法ですが肌が弱い人などはカミソリ負けを起こしてしまいがちです。これを極力防ぐにはまず切れ味のいいカミソリを使用することと、シェービング剤を必ず使用することが必須でしょう。もちろんクリームなどによる保湿も怠ってはいけません。

 

脱毛クリームやワックスも肌の荒れやすい人や敏感肌の人は使用する際には十分気をつけましょう。広範囲の無駄毛を処理でき、かつこれも比較的安価で購入できるので無駄毛の自己処理に使われやすいですが赤みや刺激、痛みを覚えたらすぐに使用を止めた方がいいです。

 

毛抜きによる処理も脇やVゾーンなど狭い範囲の脱毛に行われやすく、効果も長持ちするのですがやり方によっては痛みを伴いかつ埋没毛や黒ずみなどのトラブルを起こしがちです。これはとても悩んでいる人が多いです。もしなってしまったら皮膚科に相談するかピーリングを根気良く行い、出来るだけ肌を傷つけないように対策をしましょう。

関連ページ

毛深い女性の悩み
私はどちらかと言えば毛深いほうで、髪の毛や眉毛も多いのが中学生の頃からの悩みでした。
男性のムダ毛処理について
世の中の私以外の女性は男性のムダ毛処理についてどういう風に考えてますでしょうか?きっと多くの方は最近は意外と男性がムダ毛処理をする事に肯定的な意見を持っていると思います。
無駄毛処理を楽にできる脱毛
自分でカミソリや除毛クリームを使ったお手入れをして無駄毛処理する人は多いですが、いつでも気軽に誰にも肌を見られず無駄毛を手入れできるとは言えども、その場限りでのお手入れになってしまうデメリットがあります
初の海外旅行で英語が分からない
私は新婚旅行でハワイに行ったのですが、もっと英語を勉強していれば良かったと思っています。初の海外旅行でハワイは結構日本語が通じるところが多いと聞いていたので安心していた

ホーム RSS購読 サイトマップ